So-net無料ブログ作成

ダイエットと標準体型と肥満体型 [美容]

標準体型の診断について

客観的に見た時に自分の体型がどうなっているのかを理解するために、体型診断を受けたいという人がたくさんいます。ネット上のサイトの中には、無料で体型診断ができるものがあるそうです。

ダイエットのアドバイスが受けられたり、体重、身長を入力するだけで自分の体型がどんなものか分かります。よく体型診断に使用される基準は、BMIというものです。BMIが18.5~25が標準的な体型で、BMIとは体重÷身長÷身長で算出できる数字だそうです。

筋肉量が多い人、水分摂取量が多い人などは、身長と体重だけで計算して出した数字なのであてはまらない場合もあるでしょう。見た目が標準的に見える体型というわけではないのが、BMI18.5~25という数字です。

この体型は医学的に面から見ると、健康状態が最もよく、病気にかかりにくいとされるものです。ややぽっちゃり型に最近の日本人の基準で診断した場合に見えてしまうのが、標準体型です。

体型を特に気にかける傾向が顕著な若い人は、スリム体型をふっくら体型よりも望んでいるようです。自分の分類をBMIなどから体型診断を行い知ることは可能ですが、人それぞれの価値判断により、その診断で納得できるかは異なるものです。

体型診断で標準的だと言われても、健康的な体型より、美しい体型を目標としている人ならば、よりスリムになりたいと思うかもしれません。

ビッグローブ光の口コミ

SoftBankレンタルWiFiルーターの口コミ

毛穴専用美容液ソワンの口コミ



肥満体型と診断される基準

BMIという計算式は、標準体型の診断基準として一般的に利用されているものです。25より多ければ肥満体型で、日本人の標準BMIは22だといいます。健康のためにも、美容のためにも、自分の体型が標準体型に近いか、肥満かどうかは重要なことだといえます。

重い命も落としかねない病気にかかりやすくなるのが、肥満の怖いところではないでしょうか。高血圧、動脈硬化、高脂血症などの危険性が高くなるのは、肥満体型と診断されたまま放っておいた場合です。

腰痛や関節痛を体の中に蓄積された脂肪の重さによって引きおこしたり、生命もおびやかす睡眠時無呼吸症候群などの病気を引き起こしたりします。肥満体型の診断が、体重が多いことだけ可能というわけではないようです。

体重と身長からだけで診断されるのがBMIなので、計算には体脂肪率が入っていないことがその理由です。ある程度太って見えていたとしてもけっして肥満体型とは言えないのが、それが脂肪ではなく筋肉だった場合です。

今までは肥満体型の診断を体重と身長でしていましたが、多くの場合は体脂肪率が測りやすくなったこともあり、最近は体脂肪率も診断に併用しているようです。

内臓の周りに体脂肪がついているリンゴ型肥満と、皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満が、肥満体型にはあるようです。対策も、どちらの体型か診断されることで違ってくるといえます。

レンタルWi-Fiルーター台湾データの口コミ

ワキ黒ずみ対策クレアフォートの口コミ

タグ:ダイエット
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。